12/14(土)国際シンポジウム「東アジア文化圏と村上春樹 -越境する文学、危機の中の可能性- 」

〔国際シンポジウム〕

「東アジア文化圏と村上春樹 -越境する文学、危機の中の可能性-」

国際シンポジウム「東アジア文化圏と村上春樹 - 越境する文学、危機の中の可能性 -」

国際シンポジウム「東アジア文化圏と村上春樹 - 越境する文学、危機の中の可能性 -」

【日 時】 2013年12月14日(土) 13:00〜

【会 場】早稲田大学国際会議場・井深大記念ホール

【スケジュール】

 <総合司会> 十重田裕一(早稲田大学文学学術院教授)

  • 開会挨拶 李成市 (早稲田大学文学学術院長・文学学術院教授)
  • 第1部 基調講演 

13:05~13:35 「東アジア文化圏とは何か?―若者の見る村上春樹とサブカルチャー 」 千野拓政(早稲田大学文学学術院教授)

13:35~14:00 「中国で書くことの特殊性(在中国写作的特殊性)」 閻連科 (中国人民大学文学院教授)

14:00~14:25 「インターネットで見る中国の若者における『1Q84』受容」

(coffee break) 施小煒 (上海杉達大学教授・日本文化研究所所長)

14:35~15:00 「六十九年後の村上春樹と東アジア」 加藤典洋(早稲田大学国際学術院教授・文芸評論家)

15:00~15:25 「近現代日本文学と『東アジア』というトポグラフィ―夏目漱石と村上春樹を視座として 」 尹相仁 (ソウル大学校人文大学アジア言語文明学部教授)

15:25~15:50 「村上春樹、東アジア、世界文学 」 マイケル・エメリック (Associate Professor of Japanese Literature, UCLA )

  • 第2部 パネルディスカッション 

16:00~17:30

モデレーター:松家仁之(慶応義塾大学総合政策学部特別招聘教授)

松永美穂(早稲田大学文学学術院教授)

【問題提起】 「あらたな村上春樹」 松家仁之

パネリスト:千野拓政、閻連科、施小煒、加藤典洋、尹相仁、マイケル・エメリック

事前予約不要・入退場自由

【お問い合わせ先】

早稲田大学文学学術院事務所 TEL.03-5286-3526

2013年11月29日 | 講演会・展覧会など |

コメントを残す

CAPTCHA


  • 研究室開室時間表

    ××
    ×
    ××
    ××
    ××

    ○印は開室
    ×印は大学院授業
    /は開室予定なし