梁鴻さん講演会のご案内

 『中国在梁荘』『出梁荘記』で中国国内に大きな反響を呼んだ文学者、梁鴻さんが初めて日本を訪問されます。この機会に、梁鴻さんのお話しを聞き、語り合う機会を設けることに致しました。

 下記の要領で講演会を開催致しますので、お知り合い、ご友人、学生などお誘い合わせの上、ふるってご参加いただきますようお願い申し上げます。

  • 日時:2015年7月24日(金)午後3時~6時
  • 場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館(高層棟)3階第1会議室
  • テーマ:「文学は如何にして現実に立ち帰るか――梁荘と中国」
  • 《文学如何重返现实——梁庄与中国》
  • 使用言語:中国語(通訳あり)
  • 参加費:無料

梁鴻さん梁鴻さんのプロフィール

1973年河南省鄧州市梁荘に生まれる。2003年北京師範大学中文系を卒業、現在は中国青年政治学院中文系教授。中国現代文学の研究に携わる。著書多数。中でも、故郷の姿を通じて現在の中国の農村が直面する題を浮かび上がらせた力作『中国在梁荘』(江蘇人民出版社、2010年)、その続編『出梁荘記』(花城出版社、2013年)は大きな反響を呼び、2010年度の人民文学賞を受賞したほか、『新浪』・『新京報』・『亜洲週刊』各メディアの2010年十大良書に選ばれている。

 

主催:早稲田大学大学院中国語中国文学コース

   早稲田大学中国現代文化研究所

お問合せ先:千野拓政研究室

℡&Fax:03-5286-3695 Email:t-senno@waseda.jp

2015年07月06日 | 講演会・展覧会など |

コメントは受け付けていません。

  • 研究室開室時間表

    ××
    ×
    ××
    ××
    ××

    ○印は開室
    ×印は大学院授業
    /は開室予定なし