2016年中文合宿を終えて

私たちは八月二日から四日にかけて軽井沢セミナーハウスにて二泊三日の中文合宿を行いました。今年の参加者は、学部生二十七名、院生その他十三名、中文コースの千野先生、岡崎先生、楊先生、張先生の総勢四十四名でした。日本人学生に加え、中国からの留学生や訪問学者も参加し、大変充実した三日間となりました。

初日は大学院生や四年生、五年生の先輩方によるワークショップと、二日目の表演に向けての準備、懇親会を行いました。ワークショップでは大学院に進まれた先輩、留学を経験された先輩、就活を終えられた先輩からそれぞれの体験談を伺うことができ、それまで漠然としていた進路について具体的なイメージが持てるようになりました。また、和やかな雰囲気の中で先輩方に学習や留学、就活についての悩みを相談することができ、進路を考える上で大変参考になりました。

二日目には合宿のメインイベントである表演が行われました。合宿前から各班でテーマを考え、入念に準備した甲斐もあり、それぞれの班の趣向を凝らした発表で大盛況のうちに幕を閉じました。普段とは違った角度から中国語に触れられただけでなく、学年を超えて中文生同士の親睦を深められたという意味でも大変意義深い時間だったと思います。先輩方の中国語のレベルの高さに驚かされたり、仲間の意外な一面を知ることができ、これからの学習を考えていく上で大きな刺激となりました。午後には毎年恒例となっているソフトボール大会が開催されました。ソフトボールにあまり馴染みのない中国からの留学生も参加し、難しいルールに戸惑いながらも日本で人気のスポーツを楽しんでいました。夜にはバーベキューが行われ、男子学生が交代で肉を焼くなどそれぞれが持ち味を存分に発揮し、大いに盛り上がりました。

 三日目には院生の方々による模擬授業があり、北京語、上海語、漢字についての三つの班に分かれて学習しました。最終日ということもあり、学生の顔には疲れの色も見えましたが、普段の授業とは一味違う充実した時間を過ごすことが出来ました。三日間通して明るい雰囲気の中、仲間や先輩、先生方との親睦を深め、また今後の進路についても改めて考えるよい契機となりました。先生方をはじめ、合宿運営のために尽力してくださった皆様に御礼申し上げます。

(学部二年 川橋 美里・滝田 悠二・谷口 駿太)


二〇一五夏季合宿報告·回顧

私たちは八月四日から六日にかけて軽井沢セミナーハウスにて二泊三日の中文合宿を行いました。今年の参加者は、学部生二十四名、院生その他十三名、中文コースの千野先生、岡崎先生、楊先生、張先生、石助手の総勢四十二名でした。私たち二年生にとっては初めての中文合宿でしたが、三年生の先輩方の支えや大学院生や先生方のご指導があり多くのことを学ぶことが出来た有意義な三日間となりました。

初日は大学院生によるワークショップと二日目の表演に向けての準備、懇親会を行いました。少人数制のワークショップでは、中文コースを卒業された先輩方が現在どのような研究をされているか伺うことができ、中文に入って三カ月ほどしか経たない私たちが「学習」の先にある「研究」という世界を知る契機となりました。また、大先輩に学習上の悩みや今後の研究の方向性、進路などについて相談することができたことも大きな収穫でした。

二日目には合宿の目玉イベントである表演が行われました。合宿前から各班で準備を進め、初日の空き時間を全て注ぎ込んで練習した成果もあり、楽しい三時間となりました。中国語を運用する良い機会になっただけでなく、新しい表現を学ぶきっかけにもなりました。また中文生同士で協力して一つのことを成し遂げたことも、とても意義のあることだったと思います。日頃から机を並べて切磋琢磨していても、学習や研究自体は個人で行うものです。このような機会を通して十人十色の思考や発想、表現に触れたことが刺激となり、自身の視野が広がりました。表演が終わりほっと一息ついたところで、学生、大学院生、先生方全員揃ってのソフトボール大会が行われました。五回で終わる予定が延長戦にまでもつれ込み、負けて涙を流す学生も居たほどに白熱しました。夜には野外でバーベキューをし、調理に徹する者、食べるに徹する者、めいめいが楽しいひと時を過ごしました。

最終日には院生の方々による模擬授業があり、翻訳、漢字、台湾の注音符号についての三つの班に分かれて学習しました。和やかな雰囲気の中で、仲間や先輩、先生方との親睦を深め、また表演や模擬授業を通して中文としてのアイデンティティを意識することができた合宿となりました。先生方をはじめ、さまざまな準備をしてくださった皆様に御礼申し上げます。

(学部二年 工藤稀瑛・橋詰絵里加)


二〇一四夏季合宿報告・回顧

中文合宿を終えて

加藤眞子・高橋颯一

 八月六日に私たちは中文コースの合宿をしに鴨川セミナーハウスへと到着しました。まず私たちはグループ別の研究入門ワークショップに参加し、中文院生の先輩方のお話を聞きました。特に私が印象的だったのは、ある先輩が留学に行った時のお話です。二回目の留学の時に日本人がほとんどおらず、語学力が格段に上がったと聞き、そのような環境下で学ぶことはとても大変なことだろうと想像できました。その先輩が、留学は本当に中国語のブラッシュアップに効果的だと強調するのを聞いているうちに、もともとまったく留学を考えていなかった私には、留学がとても魅力的なものに思えてきました。ワークショップが終わった後、私たちはグループに分かれ、翌日のグループ別発表の練習を行いました。私たちのグループはジブリの翻訳を行いました。翻訳をする際に、先生方や院生の方々に細かなニュアンスの違いなどを教えていただき、とても勉強になりました。その日の夜には懇親会を行い、普段なかなか話すことのできない上級生や先生方とお話する貴重な機会を得ることができ、うれしく思いました。翌日の午前中にはグループ別発表があり、どの班も努力が十分伝わる発表でしたが、特にすごいと思ったのは二班の「对不起我的中文不好」です。聞き間違いをテーマにした発表内容はすべてオリジナルで書き上げた脚本でどれもおもしろかったです。これほどまでのレベルの中国のレベルを目の当たりにできて自分へのいい刺激になりました。

 二日目昼食後のスポーツ大会では、三教授のチームに分かれて、ソフトボール大会が行われました。教授陣の熱気と気迫に導かれるように各チームとも奮闘し、とても盛況な大会となりました。夕食は屋外でBBQ、そして屋内に戻り、景品を巡ってのクイズ大会が開かれました。盛り上がりっぱなしの合宿にまたまた火がついてしまいました。中国の紹興酒や白酒も満を持しての登場。教授や先輩への相談、とりとめもない話、いろんな会話が途切れることなく交わされ、二日目の夜も更けていきました。

 最終日は朝食後、院生の方々を講師にお招きして学習班活動が開かれました。「古琴で味わう恋の歌」では、石井さんが古琴を弾いてくださいました。普段なかなか聴くことのできない美しい音色からは琴のもつ歴史を感じることができ、大変貴重な経験となりました。そして「漢字の演変」では、宮内さんから漢字の成り立ちについて学びました。漢字の源をたどっていくことは難しくもありましたが、これから中国語を学ぶ上で必要不可欠な知識に触れることができました。「中国の短編アニメーションを観る」では、楊さんとアニメーションの和訳をすすめ、その中で浮かび上がるアニメーションの背景を考察しました。政治的示唆に富んだアニメーションの考察は中国の政治制度や思想についての興味を湧き立たせてくれました。「料理で中国語」では、楊教授と合宿の最後に昼食で食べる餃子をつくりました。みんなで頑張ったおかげで、味もとても評判でした。

 今回の合宿は、教授や院生と学部生が寝食を共にすることができる貴重な機会となりました。改めて中文コースの絆を確認し、今後の学業にも活きる知識を得た最高の合宿でした。最後に、この合宿に携わっていただいた皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

2015年06月24日 | 学部生エッセイ「夏季合宿」 |

2013年夏季合宿報告・回顧

中文合宿期

星 由香里・山田 恭輔

 昨年八月、毎年恒例の中文合宿があった。場所は千葉県鴨川市の「鴨川セミナーハウス」。学部二、三、四年生、院生の方々、そして先生方も参加してくださった。総勢三〇名で、今回は初めて借り切りバスを利用。一日目の朝は遅刻する人もなく、順調なスタートを切った。バス内ではお菓子を食べながらそれぞれ話に花を咲かせ、みんな遠足気分だ。四時間程の長旅ということで、サービスエリアで途中下車して観光を楽しむ場面もあった。

 セミナーハウスに着き、まず中国映画を見た。タイトルは『高考』。上海の、大学受験をテーマとしたコメディ映画だ。日本の大学受験との共通点や相違点を探しながら作品を楽しむことができた。夕食の後は、食堂に酒とお菓子を大量に持ち込み、待ちに待った宴会だ。先生方の出張土産の中国のお菓子に加え、「白酒」や「紹興酒」など、中文ならではの豪華なお酒が並んだ。そしてみんなほろ酔いになってきたころ、いよいよ勝負の時が来た。豪華景品をかけた、チーム対抗戦ゲーム大会だ。中国語を使った伝言ゲーム、ジェスチャーゲーム、クイズを行い4つのチームで戦った。結果、岡崎先生チームが優勝した。ゲーム終了後も、お酒を片手に話は尽きず、初日にも関わらず夜中まで宴会は続いた。

 翌日は朝から三つのグループに分かれてそれぞれの授業に参加した。一つ目は楊達先生の授業『中国語以外使用禁止の餃子づくり』。レシピも中国語ということで、手と頭を動かしながらのみんなで協力し合い、楊先生こだわりの餃子をつくった。

 二つ目は、院生の楊さんの授業、『映画に字幕をつけてみよう』だ。昨日鑑賞した『高考』の場面を思い返しながらみんなで意見を出し合いブラッシュアップしていく。中国語を学びつつ、妄想力もフル活用して楽しい時間を過ごした。

 三つ目は、院生の陳さんの授業『台湾語を学ぼう』だ。初めて学ぶ台湾語は、一見難しいが、リズムに乗って楽しくフレーズを覚えることができた。

 餃子班がつくった餃子は、昼食にみんなでおいしくいただいた。皮を贅沢に二枚重ねた絶品餃子。すぐに売り切れた。

 昼食後はセミナーハウスを飛び出し、総合運動場へ。その名も『中文ソフトボール大会inサマー』。二手に分かれ、ソフトボール大会をした。初めてバットを握る女子も多く、先生方の熱い指導が入る。炎天下の中、真剣勝負だ。結果はチーム楊先生の勝利!その後は、サッカー、バドミントン、テニスなど、各自好きなスポーツを夕方まで楽しんだ。

 夕食が終わり、なんと二日目の夜も飲み会開催。昨日よりもみんなの距離が縮まったようで、ソフトボール大会の疲れも忘れ夜な夜な盛り上がった。千野先生のテーブルでは花札に挑戦、助手原田さんの卓では恋愛話が聞こえてくる。気づかぬうちに一気にみんなの距離が縮まっていたようだった。

 そしてあっという間に最終日。二手に分かれ、朝から活動を開始。一つ目のグループは院生の石井さんが教えてくださる『古琴講座』。立派な古琴が繊細な音を奏で、初めて触れる伝統的楽器に感動した。

 二つ目のグループは、浜辺を目指して散歩に出かけた。真夏の太陽の下、汗だくになったが、美しい海に癒された。浜辺でみんなが走り回る姿はまさに青春だった。そうして朝から思いきり楽しみ、少し寂しさを感じながら帰路に就いた。

 映画や中国伝統の楽器、餃子づくりなどを通して、普段の大学の授業では味わえないような、中国の文化を肌で感じることができた。また、勉強ばかりだと思いきや、思いきり外で遊ぶこともあれば、思いきり飲むこともあり、非常に楽しい時間を過ごせた。そして何より、先輩・後輩、先生方と親睦を深められた貴重な機会であった。来年の中文合宿も非常に楽しみだ。

 

 

2014年10月25日 | 学部生エッセイ「夏季合宿」 |

ナビゲーション

ピックアップ

「学部生エッセイ「夏季合宿」」の最新記事
  • 研究室開室時間表

    ××
    ×
    ××
    ××
    ××

    ○印は開室
    ×印は大学院授業
    /は開室予定なし